イラストレーター

【チュートリアル】アピアランスでかすれた文字の作り方

illustratorチュートリアル:かすれ文字

こんにちは。illustrator勉強中のネロリ(@nerolidesign)です!

このページではアピアランスを使って「かすれた文字」の作り方をご紹介します。

お手本にしたのは、イラレ職人コロさんのサイト『本日のイラレ』の中にあるこちらの動画です。

ネロリ
ネロリ
コロさん、いつもお勉強させてもらってます!

なんとも可愛らしいかすれ具合の文字ができたので忘備録としてまとめておきます。

STEP1. 文字を入力しよう

 

まずはファイルを新規作成。

 

illustratorのチュートリアル

 

[文字ツール]をクリック。

 

 

適当な文字を入力してフォントや大きさを整えます。

ネロリ
ネロリ
今回は「UD デジタル 教科書体 NP-B」を使ったよ!

STEP2. 文字に効果をつけていこう

 

[効果]ー[スケッチ]ー[プラスター]をクリック。

 

 

画像のバランスを「7」、滑らかさを「9」に変更して「OK」をクリック。

 

 

続いて[効果]ー[スケッチ]ー[コピー]をクリック。

 

 

ディテールを「8」、暗さを「8」に変更して「OK」をクリック。

 

 

さいごに[効果]ー[スケッチ]ー[グラフィックペン]をクリック。

 

 

ストロークの長さを「1」、明るさ・暗さのバランスを「100」に変更して「OK」をクリック。

 

 

文字に効果がつきました。

STEP3. 文字の上に長方形を描こう

 

[長方形ツール]をクリック。

 

 

入力した文字の上に、文字と同じ色の長方形を描きます。

 

 

[ウィンドウ]ー[アピアランス]をクリック。

 

 

[塗り]をクリック。

 

 

好きな色を選択します。

STEP4. レイヤーの順番を入れ替えよう

 

画面右上にある[レイヤー]で長方形レイヤーと文字レイヤーの順番を入れ替えます。

ネロリ
ネロリ
長方形レイヤーを下にドラッグすれば入れ替わるよ!

STEP5. 文字に色をつけよう

 

[選択ツール]をクリック。

 

 

長方形と文字の両方を選択。

 

 

アピアランスの[不透明度]をクリックして[マスク作成]をクリック。

 

 

「マスクを反転」にチェックを入れる。

 

 

かすれ文字の完成!

ネロリ
ネロリ
[塗り]の色を変えるだけで文字色も変わるよ!

おまけ

「STEP2. 文字に効果をつけよう」でそれぞれ効果の数値を変えると、こんな感じの文字もできるよ。

 

やり方は、

 

 

効果[プラスター]で画像のバランスを「10」、滑らかさを「1」に変更。

 

 

効果[コピー]でディテールを「8」、暗さを「1」に変更。

 

 

効果[グラフィックペン]はそのままストロークの長さを「1」、明るさ・暗さのバランスを「100」に変更。

 

 

STEP5.まで進んでもらって、さいごのマスク作成をクリックしたら、

 

 

今回は「マスクを反転」にチェックを入れません。

 

 

そうすると、こんな風合いの文字が完成!

ネロリ
ネロリ
ネロリ好みの文字ができちゃった

 

嬉しくなったので、いろいろな色で遊んでみたよ!

濃いピンク

まずは濃いピンク。

 

色のコード
  • C0 M80 Y40 K2
  • R231 G83 B106
  • #E75269

 

オレンジ

続いてオレンジ。

 

色のコード
  • C2 M55 Y90 K0
  • R239 G141 B30
  • #EE8D1E

 

グリーン

次はグリーン。

 

色のコード
  • C25 M5 Y70 K0
  • R206 G216 B102
  • #CDD866

 

水色

そして水色。

 

色のコード
  • C30 M10 Y0 K0
  • R187 G212 B239
  • #BAD4EE

 

パープル

さいごにパープル。

 

色のコード
  • C35 M55 Y0 K3
  • R173 G127 B180
  • #AD7EB4

 

ぜひ、いろいろな色で遊んでみてね!

おわり

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です